プログラミング技術者を探しているソフトウェア開発会社では、仕事で活躍してくれる優れた人材を求めている。
特に重視されるのは生産性であり、限られた時間の中で多くの仕事をこなすことができる人物を探している。
そのため求職側が、有利な条件をもつ仕事の案件を獲得していくためには、採用者から高く評価される生産能力をアピールすることが重要である。

プログラマにとっての生産能力の高さは、無駄のないプログラミング技術でもある。
プログラムは、同じ機能を持ったものであっても、その記述方法によって処理効率が大きく変わる。
優れたプログラミング技術者であるほど、必要最小限の限られたコードで高い機能を実現させることができる。

ソフトウェア開発会社が求めている人材像は、そうした無駄のないコーディングができる技術者である。
生産性高く高度なプログラミング技術を身につけるには、なによりコーディングの実践を積み重ねていくのが近道である。

また、優れたソフトウェアのソースコードを読み込むなど、日ごろからのプログラミング学習への取り組みも欠かせない。
優れたプログラミングができる能力は、日頃の行動や言動にも少なからず表れる。採用担当者も、応募者の立ち居振る舞いなどをチェックして、採用する価値ある人材であるかを見極めようとしている。
効率のよいプログラミングを常日頃から心がけているプログラマであれば、その才能を採用担当者が見抜いてくれる。

このように、生産性の高い出来るエンジニアとして評価されるためには、日々の努力と成長意欲も欠かせないということを念頭においておくといいだろう。
自己成長できずこのままではダメだと悩んでいる方へ<<<http://notgrow-engineers.biz/>>>