コンピューター技術は、非常に複雑で難解なように見える。
しかし一つ一つがパズルのように組み合わさっていて、それらを解き明かしていく面白さがある。
多くのプログラマは、こうしたコンピューターの奥深さに対して、大きく面白さを感じている。ソフトウェア開発で多くの技術者が、難問に対して果敢に挑んでいるのは、収入を得るためだけでなく、仕事自体に面白さを見い出しているためだ。
そのため、プログラマとして仕事を続けていくのであれば、その仕事に対して難問を解決していくという面白さという魅力を見つけることが重要だ。

こうして技術者によってコンピューター技術の開発が進んでいけば、社会の中で作業の効率化が進み、生産性が上がる。
コンピューターは人間に代わって厄介な仕事を行う事が可能な、高度の情報処理能力を持っている。
これらの情報技術の発展には、エンジニアの存在が不可欠であり、彼らの活躍がもたらす恩恵を社会の多くの人が享受している。

社会に効率化を生み出すコンピューターの高度化は、プログラムの面白さに気づいて開発に打ち込んでいる技術者たちによって、さらなる発展がもたらされる。
こうしたコンピューター開発に携わる技術者の人材は、これからさらに多く必要になる。プログラミングの仕事が一見難しそうに見えても、その向こう側にある面白さの魅力についてより多くの人に知ってもらうということが大切なのだ。
また、常日頃、エンジニアがスキルを向上させるための努力も必要だと言えるだろう。